在ニューヨーク日本国総領事館 首席領事


> リストに戻る

新年あけましておめでとうございます。

昨年はオバマ大統領の再選など米国民の政治的意思が表明されました。また、ハリケーン「サンディ」が大きな被
害をもたらし、さらにコネティカット州の小学校での痛ましい銃撃事件が起き人々の生命・安全の確保について大き
な課題を投げかける形となりました。

日本との関係に目を転じますと、昨年はワシントンとともにニューヨークにも日本の桜が寄贈されてから100周年
を祝う記念すべき年でありました。3月には100年前のニューヨーク市への寄贈式典を再現する形で盛大な記念式典が
Sakura Parkで催されました。またエンパイアステートビルも日本とニューヨークの友情が次の100年間も咲き続けるようにと桜色のライトアップを行ってくれました。

東日本大震災から間もなく2年になりますが、その後もニューヨーク市民からのご寄附や小切手が総領事館に届けられています。その一方で「サンディ」の被害に対して日本から、あるいは在留邦人の皆様が支援の手を差し伸べられ
たことは当地の方々から大変な敬意をもって受け止められており、100年の時を超えて日本とニューヨークはこのように心の絆でしっかりつながっているのだと強く感じます。

本年もJapan Day@セントラルパークを始めさまざまな友好行事が予定されています。また、イチロー選手が引き続きヤンキースにて活躍されるとの嬉しい報道もなされており、愛知県人も参加する形で日米交流がますます活発化す
るものと思われます。

年が明けていよいよ日米双方の新政権が始動し、世界の安定と発展に向けて緊密な協力と一層の関係強化に向けて歩み出すことが期待されています。総領事館としましても本年も在留邦人の皆様のお役にたてるよう精一杯頑張って参
る覚悟でございます。

新しい年の皆様のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

 

平成25年元旦

在ニューヨーク日本国総領事館首席領事
川 村 泰 久
(愛知県名古屋市出身)